天気痛とは・・・

こんにちは、竹の塚西口整骨院です^ ^

まだまだ梅雨明けまで時間がかかりそうですね。
例年、体の不調を訴える人が少なくありません。

それらは、湿度と気圧に変化が現われ身体に影響を与えていると言われています。

たとえば、低気圧になると天気痛と呼ばれるものが起きやすくなります。

天気痛とは、天候により生じる気圧の変化によって身体に痛みがあったり、だるさを感じたりするものです。

日常生活のなかで、気圧の変化を感じれる例としては、飛行機の上昇時や、トンネルを乗り物で通過した際などに、耳に異音を感じる現象です。 このとき、防衛反応として血圧や脈拍を上げて活発に体を活動できるようにと交感神経が優位となると興奮状態となります。
そうすると痛みの神経が過敏になるために体の不調を覚えやすくなります。
こういったことから、自律神経の乱れが顕著な人ほど、梅雨の時期に体の不調を訴えやすいのです。
また、自律神経を整えるには体の歪みを治すことが有効な手段のひとつと言われています。

歪みを解消して、不調に陥らない身体を作っていきましょう!
その秘密は、、、
『竹の塚西口整骨院 エキテン』
で検索して下さい!

 
竹の塚西口整骨院さんの写真